大学生の春休みみたいな連休をとったらとても良かった

年明けから会社でストレスフルな状況(構造的な、すぐに解決の難しいタイプの問題に対応する日々)が続き、自分自身があまり良くない状態にあるような気がしました。

そこで土日につなげた3日間の有給休暇を取り、旅行など何か特別なことをするのではなく大学生の春休みのように過ごしてみたところ、思った以上にリセットできたのでメモしておきます。

症状

  • 平日・休日問わず、睡眠時間が増えた
    • 特に昼寝の回数が増えた
    • ほぼ寝ているという週末が4週ほど続いた
  • ギター以外の趣味に興味がなくなった
    • チケットを取ってあったライブが3月に3つあったが、すべて行かなかった
  • ギターを弾くのも、楽しみではなく練習という義務感でやるようになった
    • 思い返してみると「つまらなくなった」のではなく、新しい曲に挑戦せず同じ曲を繰り返し演奏するようになるなど自分からつまらなくしていた
  • 人と会話をするのが億劫になり、飲み会の回数が減った
    • おそらくこれもギターと同じような問題の成り立ち
  • ずっとお腹を下していた

やったこと

  • 数週間くらい前に、そのうち5日間ほど休むということをチームに伝えた
  • 2日間たちの悪い風邪で寝込み休んだ後、逆に少し気分が意欲的になったことに気づき、そのまま休暇を取ることにした
  • 複数のスマホを私用仕事兼用で使っていたが、メインの iPhone 以外はすべて会社に置いてきた(これは偶然)
  • iPhone から、通知を送ってくる種類のアプリをすべて削除した
    • メーラ、Slack、Facebook・Instagram等SNS、出会い系、ソシャゲ
  • 好きなときに起きて好きなときに寝て好きなときに食べた

良かった結果

  • 睡眠時間がどんどん減っていった
    • 昼寝は1回1時間だけになった
  • ギターでは自然と新しい曲に挑戦するようになり、気づいたら自然と演奏しているという時間が増えた
  • 自宅にいる間に会社のことを考えることがほとんど無くなった
  • お腹の調子が良くなった
  • 自分自身でコントロールしてリセットすることが可能だとわかった

変わらなかったこと

  • ライブに行く意欲は特に戻らなかった

悪かった結果

  • 昼夜が逆転した
  • この期間だけで1.5キロ太った

こんなふうに休んだのはおそらく大学を卒業してからは無かったと思いますが、とにかくとても良かったので、今後も1年に1回くらいやりたいと思いました。

どんな北米のビジネス本だって、このタイプの休暇を前提にしているような気がします。独身男性が日本でやると、見栄えは悪いですが、たぶんこうなんです。

ダイエットしないと……。あと今は18:07ですが、このまま寝ないで明日の出勤になるのでやはり大学生並に辛い。