読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリ開発の準備のメモ

仕事で初めて、シミュレータから先の iOS アプリ開発を体験しました。すごいですねこれは。タフだ。いわゆるベータテストしようとすると、

  1. Apple がサインした俺が俺であることを証明する証明書(自分の実機で走らせたいのか、不特定多数で走らせたいのかで別に必要)
  2. Apple 提供文字列 + 俺指定文字列(ワイルドカード使用可、つまり複数アプリを括れる)で構成されたアプリケーションの識別名と、それに結びついた資格一覧( Entitlements )
  3. 走らせたい Device の UDID(いくつでも。但し1開発者アカウントに対し100個まで)

が全部揃った状態で

  1. プロビジョニングプロファイル

なるものを作り、このプロファイルでもってアプリを配布用にビルドしないとならないという。すごいぜ。

ad hoc provisioning profile―to ensure that test versions of your app aren’t copied and distributed without your knowledge

Code signing is used in combination with your App ID, provisioning profile, and entitlements to ensure that:

Your app is built and signed by you or a trusted team member.
Apps signed by you or your team run only on designated development devices.
Apps run only on the test devices you specify.
Your app isn’t using technologies you didn’t add to your app.
Only you can submit revisions of your app to the store.
If you choose to distribute outside of the store (Mac only), the app can’t be modified and distributed by someone else.

とか書いてあるのを読むと、なるほどしっかりしている。と思うのですが、 Xcode から、上の揃えるもの揃えるサイトから、ドキュメントから、全部英語なんだそうです。すげーな。すげーな。

これからがんばってゆきます。