読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日 4.6 を入れたばかりですが、とりあえず current に移行したいので snapshot に upgrade

OpenBSD

無計画

無計画の権化と言えば私のことです。今日は早速無線 LAN のアダプタを中古でいくつか買ってきて動くものを発見したいと思っていましたが、午前中届く荷物を待たなくてはいけなくなったので X と日本語入力の環境でも整えるかと思いふと思うと、よく考えたらこの手元のクライアントは超チャレンジングでいい訳なのでフレーバーは release でも stable でもなくて current でいいんだな!人間だもの。

current への道

OpenBSD の current への最短ルートはまずその時点での snapshot バージョンにアップデートではなくアップグレード(バージョンアップ)してしまって、その後ソースレベルでコンパイルしてキリキリの最新まで追うかどうかはまた後で考えよう。という感じになります。

ともかく、いろんな移植アプリが詰まった ports と呼ばれる CVS リポジトリと、カーネル、ユーザーランドはバージョンがぴったり一致していないとひどい目に遭うので(昔こてんぱんにされた思い出有り)、バイナリの snapshot をただただ追いかけるだけの方が結構気楽な運用だったりします。そうそう、ミラーサイト間でももちろんバージョンが異なっているので、一回ここと決めたらミラーは一貫してそこを使うようにしないと、これまた見事にはまります。 jaist はおかげさまでミラーの間隔が結構早いので、 jaist で問題ないような感じです。

というわけでやる、手順は昨日の手順の 4.6 を全部 snapshots に書き換えるだけ。のはず。いやほんとに。

# ftp ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/OpenBSD/snapshots/i386/bsd.rd
# ftp ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/OpenBSD/snapshots/i386/base47.tgz
# makedir base47
# cd base47
# tar zxvf ../base47.tgz
# mount /dev/sd3a /mnt
# cp usr/mdec/boot /mnt/
# cp ../bsd.rd /mnt/
# usr/mdec/installboot -nv /mnt/boot usr/mdec/biosboot sd3
# usr/mdec/installboot -v /mnt/boot usr/mdec/biosboot sd3
# umount /mnt

順調順調。

ThinkPad 側はまったく順調に完了。終わり! ath0 はやっぱりウェイクアップせず。しょうがないね。