読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linode(VPSのホスティング)借りました

由無しごと

(こちらはもう情報として古くなっていますのでご注意くださいね)

Linode - VPS Hosting

CPI さんが VPS で価格的にも魅力のあるホスティングサービスを始めたので、さーて正月休み前に借りるだけ借りておくかと思ったらなんだか初期費用がかかると言うし、セットアップも数日かかると言うし、終いには一括での銀行振り込みとかでちょっとがっかりしたので、改めて海外で探しました。

前借りようとしていたときは VPSLink が人気だったのですが、今は slicehostlinode が話題の模様。正直自分にホスティングサービスの善し悪しを測る基準があるわけでもないので、価格もそれほど違わないしいずれどんどん変動していくものと思い、西海岸のデータセンターを明示的に選択できるという linode にしてみました。ちなみに slicehost は最近大手に買収されたそうで、安定性という面では良いんではないか?。という評判も見かけました。

契約したのは Linode 540 です。RAM:540MB/Storage:18GB/Transfer:300GB/Price:$29.95。安いのでつい下から二つめにしてしまいました。たぶんこの能力使い切れないだろうな…。

OS は

で、借りてから先のことは全て

ボンノウドットコム Wiki: Linode - 自由度が高い VPS サービス

にまとめられていましてこれ以上何も言うことはないぜ…。というところなのですが、OS に OpenBSD が選べないことだけは自分のアイデンティティとして述べさせていただきます(当たり前)。というわけで次に使い慣れた Ubuntu にしました。Distribution Wizard ってのから一発インストール。数分です。OpenSSH も入った状態でインストールされるので、後は ssh で好きなようにします。開始数分でホスティングサービス自体は透明化して Ubuntu の領域。すげえなあ。自宅サーバじゃこうは行かん…。ターミナルでピコポコやっても多少遅いかなーって思う程度です。

ドメイン

先日晴れて oogatta.com をヤフードメインで取得した私ですが、DNS まわりも linode の管理画面からやりたいのでヤフードメインさんの設定画面からネームサーバを変更。linodewiki にはいまいち情報が見あたらなかったのですが、コミュニティでFAQだったので検索一発。ns1.linode.com 〜 ns4.linode.com まで設定。よしよし。

パッケージ

とりあえず、wiki に書いてある通り

# apt-get update
# apt-get dist-upgrade

して、ubuntu-minimal はもう入っていたので ubuntu-standard を入れて、

# apt-get install ubuntu-standard

emacs 入れて

# apt-get install emacs

ボンノウドットコム Wiki さんの通り、language-pack 入れて、タイムゾーンロケール設定して、とりあえずそこまでで昨日は終了。

いや楽です。

今後の予定

  • twit.oogatta.com/自分専用携帯 Twitter ゲートウェイ
  • メールサーバ入れてメールアドレスの移行
  • Django と JMVC で何かごりごりのウザイ奴(おそらく「各地の oogatta まとめ」系)

よしよし。