読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無線LAN (ath)

current 生活の罠

X40OpenBSDカーネルを 4.4 current に上げてから無線LANのデバイスが起きあがらなくなった。これがまた Windows で一回起こしてから OpenBSD に切り替えて再起動すると何事も無かったかのようにリンクするという体たらく。ちなみに X40無線LANドライバちゃんは ath 。

ソースのCVSを辿ると 4.3 から今までの間に…

  • WPA対応のために誰かがなにかやった。
  • カーネルをコンパクトにできるようにアクセスポイントにする機能を切ってコンパイルできようなオプションが付いた。のを誰かがなにかやった。

の痕跡があり、前者も怪しいし、症状を考えると後者も怪しい。でも ifndef。でも、全然このソースじゃないところが問題かも知れず、ar5212.c も怪しいし、ああ、ML には何にも上がっておらず、おお、これはまたチャレンジングな状況であるなあと思いつつ、ま、ちょっとずつやろうということで今日は寝ることとします。

一晩あけて

ar5212.c やらなにやら思うがママにいじってコンパイルして寝た。朝起きてほっかほかのカーネルが焼き上がってみたのでインストールしてみたが、やっぱり無線LANはダメであった!。ぜったいこれ、デバイスを wake up 出来てない!。ちくしょー。週末ちゃんとソース見るぞくそ。