読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスクの管理だと Windows が知らんフォーマットのパーティションをアクティブにできん

diskmgmt.msc を捨てて、diskpart で行こう

すっかり勉強日記に書くのを忘れていたのですが、なんと会社のお金ちゃんで Web Directions East にいけることになり、カンファレンスだけでなくワークショップもびっちりいけることになり、嬉しいんだけどノートPCねえよ、俺。ということで先日 ThinkpadX40 を中古で4万で購入して、OpenBSD 入れてました(理由:Theo de Raadt 好き)。

さすがに Windows も消せないのでデュアルブートなんですけど、もう LILO とか GRUB とか、MBR に入って選択します系のはいろいろ逆にめんどくさいぜ!。そんないっつも切り替えねえし!。と思っていたら OpenBSD のマニュアルに「fdisk とかで一回一回アクティブパーティション変えたらいいじゃん。おまえらそんなにサルみたいにブート先変えたいの?きちがいじゃねえの?」という御大の発言が透けて見えるイカした項目があり雷に打たれたような解き放たれた気持ちになったので、そうすることにした。

でも、diskmgmt だと、どうも Windows の預かり知らんフォーマットのパーティションは「このパーティションをアクティブとしてマーク」が選べない。fdisk はないわけでどうすんのかと思ったらあるじゃないすか。diskpart!。

なんか db のクライアントっぽい流れで選んで設定して、できたふうです。よかった。

OpenBSD の話は Xfce まで入ったらそっちからあげる予定…、だがいつになるのか!