Flash

updateAfterEvent() を、各種イベントだけでなく setInterval でぐるぐるしてもらう関数・メソッドの中に書いても有効ということに、たった今初めて気づいた!。会社の後輩であるミスターさんにはなんか嘘をついてしまった気がする!。

つまり、上が不可能だとばかり思っていたので、例えば鳥なんかを飛ばすスクリプトonEnterFramesetInterval で行った場合、一フレームに実行される計算回数が setInterval の方が多いようにインターバルを設定して、その結果一フレームで飛ぶ距離は異なったとしても、表示が更新されるタイミングは全てフレームレートに一定。とばかり思っていました。

実際試しに書いてみたら、 setInterval 、超スムースじゃん!。Flash Hacks には、超スムースだけど負荷がかかるから、重要なアニメーションにピンポイントで使っていこうと書いてある。勉強になるなぁ!。ミスターさんには、悪いことをしたなぁ…!。反省しています…。