Opera8 Beta3

おう!。user.js だ。昨日のチェンジログには載ってないんだけど、とにかく user.js だ。やるなOpera…。一枚のJSファイルに書いておいたJavaScriptが、ページを読み込む度に全てのスクリプトに先立って実行されるとのこと。普通に location で切り分ければそのサイトのみに適用するスクリプトも書ける。greasemonkey 取り込んだじゃないか、やるなOpera…。

The script has exactly the same restrictions as a script on the page, except that it can access some User JS specific functionality (we'll get back to you on that) and that it can read the text property on any script element (normal scripts can't read the text property of external scripts loaded from other servers than the document.)

とも書いてあるし、期待大であります。ところでこの中の「text property」って一体何のことを指すのだろう…?

と、いうわけで早速、Profile の中の Opera6.ini にびしっと

[User Prefs]
User Javascript=1
User Javascript File=C:\Documents and Settings\ユーザ名\→
→Application Data\Opera\Opera 8 Beta\profile\user.js

と書いて、user.js を用意した!。中身はこうだ!

alert("unko");

ぎゃー!新しいURLを読み込む度に汚い言葉が…。

ブックマークのフォルダなんかを一斉に開くと、最初はアクティブなページ(タブ)のアラートだけが出て、他のページで開いたURLはアクティブにした瞬間にアラートがお出になる。

やばいと思ってOpera起動したまま、

//alert("unko");

コメントアウトしたら次からよろしくない言葉も表示されなくなって一安心。起動時にコンパイルしてメモリに格納とかでは無いらしい。再起動せずに色々試せますね!