Venkman 様、Devedge は何処へ…。

こないだ JavaScript Shell について適当なことを口走っているとき、私の胸を強く締め付けていた思いそれは

「もしかしてこんなの、僕が知らないだけで Venkman で余裕でできるのでは…」

というふとした気づきです。ベンクマン。なんかすげえ名前ですが数年前この名前を知ったとき、僕の浅はかな認識の場ではまたしても例のごとく「デバッグ戦隊ベンクマン」などという呼び名が突如浮かび上がりその後二度とその過ちをぬぐい去ることはできずにいるのでありました。そう、幾度と無く「そろそろ俺もベンクマン行けるだろ…」と思いながら立ち上げるたびに裸山の砂煙の向こうでポーズを取るベンクマン戦隊が目に浮かんでしまい、
(よし…まずスコープを選択して変数を表示してみるか…?)と思ったが最後、ベンクマンレッドあたりが「よし、みんな!スコープ・チェンジだ!」と叫び、ベンクイエロー(女性)の「わかったわ!」というくの一忍法帖に近い声まで耳元で聞こえて来るまでが数秒…。マウスを握ったまま、僕のやる気は流れるように失われていくのでした。ファーストインプレッション恐るべし。

と…。まぁ…。いえ…。単に僕がものぐさしてちゃんとドキュメント読まなくて今一使い方わからなくて使ってなかっただけですごめんなさい…。

そんなベンクマン…。カタカナで書くとなにかまじめに物事を考える力が失われゆく気がしますのでアルファベットで書きますと Venkman は、ご存じ Mozilla で動く高級 JavaScript デバッガであります。ブレークポイントやらプロファイルやらスコープを自在に設定してそこでインタラクティブにお好きなコードを実行してうひょうひょしてみたりできます!。できます!とか言いましたが、そこまで出来るのは今回調べてみて初めて知りました!。できます!できます!やらせます!。デバッガって最近 Flash のがよく目にしますので「オレぁ生まれてこの方コンパイルなんてしたことねぇ」という方でも目にしたりしているかもしれません。早い話がぐるんぐるんとスクリプトが動いている最中にスクリプトちゃんに対して「あ、ちょっとそこで待った」とか「あっあっ、そこ…そこもっと…」とか「ここ、さわっていい…?」とかできるうひょうひょな悪い大人の為のおもちゃでありますね。

そんなわけで二年ぶりくらいで Venkman を触ってみたところ、その間に適当に Eclipse をいじくって「ま、そのうち…」と思った適当な経験が活きたのか活きてないのか、これがよくわかるのでありますね…。かろうじて少しは成長しているらしいです自分…。でもって、そこで昔『Netscape Devedge』で Venkman の記事がいくつかあったのを思い出して見てみようと思ったら…。

どこいっちゃったんですか!デブえっじ!検索したら「Devedge is dead」とか書いてある日記もあるし!。い、いつのまに…。去年僕がとある仕事で二ヶ月くらいひーひーあんあん言わされてた時にか…。なんてこった…。しかも日本語の Venkman の文書検索していたら、リンク先がデブえっじだったりで…。若き日(といっても二年か三年前)の Eric Meyer 兄貴がずばっと作り替えた時は衝撃だったものですが…。

そんなわけで Venkman おすすめです。Bookmarklet 作るとか、他のエディタでばりばりスクリプト書きながら、ちょろっと DOM をいじってみるとかいう用途ですとこいだの JavaScript Shell も最高だと思いますが、なんせやっぱり「う、動かねぇ…」などと呻きながら変な汗を滲ませている時には本職のデバッガであられます Venkman さんにおまかせして行きたい!。なんかもう普通に他の統合環境なんかでデバッガを利用されてる方にはそのままおすすめなんですが、そうでない僕のような人間にとってはしかしあまりにチュートリアルとか少ないですよね…。切ないなぁ。「みんなでつかおうベンクマン」とかそんなのが書けたら、また書かせていただきますのでよろしくおねがいいたします!。それまで、デバッグ戦隊ベンクマンを忘れないでいてくださいね!