JavaScript Shell, Greasemonkey

最高ですかー!。最高です!。2005年はこのツールに出会えたことで最高のスタートを切ったと言えます。少し唖然としました。これ最初にリリースされたのはいつなんでしょうか…。しばらくの間、どうやら私は少なくない時間を無駄にして来たようだ、とも言えるようです。

Bookmarklet の便利さに気づかされて以来、ネットサーフィーン用には世界のウェブ益荒男の皆さんがお作りになった様々なマブい Bookmarklet を使わせていただき、お仕事では場面場面でボチボチとスクリプトを手作りしてはなんかしらんがウェブベースの CMS の作業でマウス片手に同じ事を繰り返してばかりいる自分を闇の中から救い上げたりなどして喜んでおりました。

特に後者のような場合のために Bookmarklet を作っていた時、私の頭の中には常に
Pythonインタプリタみたいのないんか…」
というほとばしる熱い思い、抑えきれない。
僕はこれまた PythonWSH 代わりにお仕事で使う場合なんかに、xyzzy でボチボチとソースを手作りしながらおもむろに立ち上げたインタプリタに思いのたけをぶちまけて正否を判定してもらいつつ進めるのが常。それが JavaScript で実現してしまうとは!

と…。ここまで読んで「そんなの、Mozilla には昔からあるじゃろが」と思っていたあなたはイカス。友達になりたい。しかしお兄さん、何が凄いって今回のこの JavaScript ShellBookmarklet として利用したが最後、シェルから入力したスクリプトの実行コンテキストが、表示していたページの window になるのです…。ページの DOM、いぢくり放題。今まで汚れを知らなかった DOM ちゃんにあんなことやこんなことし放題。恐ろしや…。便利すぎて恐ろしや…。罰が当たりゃしないでしょうか。心配です。

これがもちろんページのデバッグにも最高ですし、なにより「サイト固有のBookmarkletづくり」なんかの時に役に立ちまくって仕方がありません。恐ろしや…。

「サイト固有のBookmarkletJavaScript)づくり」ということでついでに挙げさせていただきますと、ゲへへ、良い娘いますぜ。良い娘。さっき心配したばかりの Firefox 様には今、greasemonkey というこれまた泣きたいくらいに便利なエクステンションがございましてですね…。紹介文の通り、

Greasemonkey is a Firefox extension which lets you to add bits of DHTML ("user scripts") to any webpage to change it's behavior.

なんでゲス。唖然。
あるサイトに対してパッチを当てるように自分で CSS を書き、それをそのサイトに対してだけ使用して自分の使っているブラウザでうまく見えなかったりするサイトもなんとかしてやろうというわけで今流行のユーザー CSS ですがこれのスクリプト版な感じだよ。なんてことを仰るわけでゲス。恐ろしい…。思わず語尾も変わってしまうくらいにこれもショックです…。適用するスクリプトと適用するサイトの割り当ての管理なんかもしてくれて、作った人あんた超益荒男ぶりまくり!。そしてやっぱり Firefox すげー!。でもってこれのスクリプトを作るのにも、JavaScript Shell は大変に有用であります。

Google SuggestGmail といった、優れた JavaScript 開発者を抱えた Google さんのおかげもあり JavaScript、ここへ来てやっと迫害の時代を乗り越えようとしております。DHTMLは、僕も一役買わせていただきましたが、あれは悪夢でした。反省してます。心から反省してます。2005年。JavaScript と DOM ともども、精進して参りますので、みなさま一つ宜しくお願いいたします。