Web Standards Solutions

Web Standards Solutions: The Markup and Style Handbook

Web Standards Solutions: The Markup and Style Handbook

ちなみに、今話題沸騰のWeb Standards Solutionsの方は、ただいま絶賛愛読中となっております!。
こちらはタイトルに「Solutions」とあるとおり、「Web Standardsに沿ってコードを書くと色々素晴らしいのはよーくわかった。じゃあどおしたらいいのさ。ブラウザいっぱいあるしさ。IEなんかどうしたらいいのさ。それに HTML は綺麗になったかもしれないけどその分 CSS がカオスになっちまったよどうしたらいいのさ」というような至極現実的な疑問を持つ全国津々浦々の CSS ワーカーのみなさんに、至極現実的な解決法を提示してくれるイカした本なので大変におすすめです。
僕の今の興味は、「特定のデザインをどう CSS で表現するか?」というところよりむしろ、「案外カオスになりがちなスタイルシートをどう管理するか?」とか「Class や ID には出来る限り意味のある名前を使いつつ(例えば"leftcolumn"ではなく"globalmenu"とか)、どうやってカスケードを活かしていくか」というところなのですが、そういうところにも踏み込んでいて実に学ぶところが多いのでした。

ちなみに完全にデベロッパ向けの本なので、実際にスクリーンリーダで読んでみるとどうなるか、といったような、ユーザビリティがどうとかアクセシビリティがどうとかという点においての現実的な側面を求める本ではないのでご注意下さい。
本の表紙にはThe Web Standards Projectの Drew McLellan さんの次のようなコメントが載っており、まさにこの本のあり方を良く表していると思います。

Dan Cederholm はスタンダード狂いの人間ではない。彼は、 Web Standard によって金と時間を節約できることを知っている、一介のフロントマンだ。この本は、実際に Web Standard を日々の仕事に活かしている者によって書かれた、問題を解決するための、本である。<<

ということでーす。