Composite Capabilities / Preferences Profile (CC/PP)

CC/PPという仕組みがあるのを、今日WaSPの記事を見て初めて知りました。google日本語で検索したら“モバイルWeb標準”と書かれているところもありましたが別にモバイル専用ではなくて、ユーザーエージェント(ブラウザ)とWebサーバの間で、今みたいに「Sniffing(探知、くんくん鼻でかぎ回る)」とかそういうサーバクライアントでお互いの腹を探り合うようなのはやめて、「私はこうこうこういう感じのユーザーエージェントです!」に加えて「私が動いているマシンはこれくらいの野郎であります!」、「そして私のご主人さまはこうこうこういう嗜好をお持ちです!(好みだけじゃなくて障害とか)」と表明しあって仲良くやろうぜ的な感じがヤクイ!。

今まで、まぁがんばれば(すべからく「努力次第」ではありますが)ある程度のユーザーエージェントが持つ制限のバラエティには対応できたわけです。やる気とお金があれば…。でもそれを超えて「ユーザーの好み」になっちゃうとその情報は半自動ではもって来られなくて「トップページでユーザーに選ばせて、Cookieに保存しておくから今度来た時からは俺に任せろ。そうそう、そのCookieは消すな。消すな!バカ!」という形を取っていたり、「あなーたーはー、どれくらい頭の回転がハヤーイーデースカー?」とまさかクライアントのマシンに向かって尋ねる方法は無くてマシンパワーについてはもうお手上げでした。結局、いくつかのプレゼンテーション主体のFlashサイトではCPU速度を大まかな基準にしてユーザーさんに選択させていたりしました。
でも今度のは、その辺りをしっかりクライアント側で選択・設定できるのがヤクイ!。なんていったってSniffingはもう疲れました…。腹のさぐり合いは本当に良くない!。

「キミってー、普段はどんな服とか来てるわけー?」
「んー、私?。結構フツーだよ?」
「フツーっていってもほら、いろいろあるじゃん?」
「んー、フツー。フツーだよー?」
「そっかフツーかー。じゃー今度デートしよーよー」
「んー、どこ連れってくれるー?」
「(えーと、フツーだから…)都庁とかどう?。リーズナブルだしー。景色キレイだよー」
「うわ、えー、ヤダー」

みたいな感じで俺達はネットでナンパしてんじゃねーんだ!!。相手が正式に表明してない相手の姿をなんとか推測してそれにあったコンテンツをおそるおそる吐き出すSniffingってこういうことではないんですかっ!!。僕ちゃん泣いちゃう…。泣いちゃうんだから…。

というわけで、CC/PP!。まぁ、覚えておくだけ覚えておくとしますか…。