Firebase Weekly 第4・5号をまとめました

www.getrevue.co

Firebase Dev Summit 2017 があって Predictions が発表されたりなどしました。

個人的には Puffelen おじさんの

stackoverflow.com

Android 版の Cloud Firestore の listener にはライフサイクル感じてもらえるよ、っていう話がいちばん衝撃でした。 Firestore なんとかして仕事で使って深掘ろうと思いました。

まとめてるたびにたくさん出てくるから、影響されて Google アシスタント開発始めちゃいました。

今週の Firebase Weekly はおやすみです

こちら完全に Firebase Weekly お知らせブログとなっておりますが、身内に不幸がありました関係で今週の Firebase Weekly はおやすみさせていただきます。次号は2週分の内容でお送りする予定です。

Firebase Weekly 第3号をまとめました

www.getrevue.co

週に1度のブログ更新です。 Firebase Weekly 3号をまとめました。個人的には、メルカリさんがメルカリチャンネルで Realtime Database 使ってるよ。ってお話が、これからの自分の仕事の仕方を早めに変えてくれて嬉しいなと思いました。ちょっと説得力が違います。

個人的には、 jQueryRails のときのような……、食器洗い洗浄機のような……、ルンバのような……、そういう種類の、業界だけでなく自分のライフスタイルや考え方への強い変化を感じています。

Firebase Weekly 第2号をまとめました

www.getrevue.co

ちゃんと2号も出しました。 Firestore と DevFest Tokyo のおかげです。

DevFest Tokyo は招待いただいてたのに( Firebase の話が全然ねえ)と思って申し込みすらしなかったんですが、結構トークがあったみたいで…。ないと思った僕は何を見ていたんだろうか。何も見ていなかったんでしょう。

まとめてて思ったことは、みんな iOS かブラウザだなってことです。

Firebase Weekly を作ってみました

Firebase の日本語の情報ってなかなか集めるの大変だなーと思っていたので、 iOSAndroid や Swift や Kotlin みたいに Firebase Weekly みたいなのないかなあと検索したら、なかったので、えーって思って作りました。

www.getrevue.co

サービスは Swift Weekly の使ってるところですが、中身は日本語のものを集めました。とりあえず1週間分。

次回は英語と動画の追加を予定してます。自分以外に一人でもお求めの方がいれば…と思ってます。誰もみてなくても3号までは必ずやります! よろしくお願いいたします。

近況

最後の記事からほぼ3年経ちまして、その間にすっかりインフラや Rails には縁が遠くなり、今は Firebase と Android アプリと iOS アプリを同時に全部やって作るというこれまた楽しいお仕事をさせていただいています。

その辺りのことは、試験的に Medium に書いてみているのですが、いやーこれが自分が SNS に投げた URL 以外からの流入がびっくりするほどない! Google.co.jp のランクなんかびっくりするほど上がらないです。クロール間隔もすごくゆっくり。

medium.com

日本におけるはてなと Qiita のエコシステムは素晴らしいものであるなあと実感する日々です。乗っかるだけである程度の流入があります。

Medium も英語で書けばかなりいいんですよね。ということは逆もまた然りなのか……。

自分で検索していても、日本語の Firebase Database の話とか、自分みたいなふわっとしたレイヤーからリーチする Rx の話とか、もうちょっとあってもいいなと思うので、ある程度やってダメならまたここに戻ってこようと思います。

stop したり init スクリプトを削除したりすると apache2 cookbook なんかが仕込む delayed な reload アクションがこけて converge 全体が失敗する

また Chef のしょうもない話で恐縮なのですが、表題のようなことに悩んでおりました。

実はこれ、単に次の起動時に立ち上がってきて欲しくないという要求から始まったもので、それだけなら stop も削除もせず、立ち上げたまま chkconfig off でも service リソースで止めるでもしておくだけでいいわけですが、なんかこー…勝手に上がって欲しくないときって、あらかじめ明示的に止めたいじゃないですか、私の手で。特に docker なんかだと supervisord 使いたいじゃないですか。使わない(使って欲しくない)のが明らかなら upstart の config ファイルや init ファイルも消したい……はやり過ぎかもしれませんが、そういうときにどうするかっていうのを

delayed されたものをキャンセルしてえー

とか結構長いこと悩んで放置していたのですが、どこだったか誰かのレシピ見てて

あ…… web_app リソースの後に stop する delayed なアクションをセットするんだ……

という学びがあった次第です。

web_app 'oogatta' do
  docroot   /var/www/oogatta
  server_name    'oogatta'
end

bash 'cleanup_services' do
  code <<-EOH
    if [[ -e /etc/init.d/httpd ]]; then
      service httpd stop
      chkconfig httpd off
      pkill httpd
    fi
  EOH
  action :nothing
end

log 'set cleanup timer' do
  level    :info
  notifies :run, 'bash[cleanup_services]', :delayed
end

気がついてみると実に当たり前ですね。